iwaihifuka

045-984-4747受付は診療時間の30分前です 休診日:水日祝

院長からのワンポイントアドバイス

アトピー性皮膚炎の検査について
 最近、アレルギー検査が各医療機関で盛んに行われるようになりました。
 代表的なアレルギー検査として、IgE-RAST法があります。この検査は、採取した血液をダニ・ハウスダスト・卵・花粉などのいろいろな抗原の上にたらし、そこで反応が起こるかどうかを調べる検査です。これより何がその人にとってアレルギー反応を起こす可能性があるかがわかります。しかし、陽性であっても実際に皮膚炎の症状を起こすかどうかは別問題です。重要なことは、ある特定の食物を食べたら必ずアトピー性皮膚炎が悪くなり、さらに食べるのを中止するとよくなることを確認することです。IgE-RAST陽性だけでアトピー性皮膚炎と診断したり、食事制限をすることは大変な間違いです。実際の皮膚症状と経過を加味して、慎重に判断することが大切です。アトピー性皮膚炎の診断は、皮膚専門医ならば、症状をみて経過をきけば容易に診断できます。アトピー性皮膚炎は皮膚の病気です。診断・治療に関しては、お近くの皮膚科専門医に相談してください。

診療日カレンダー

× ×

※土曜日は12時で診療を終了します

お問い合わせフォーム